チャート図を使ってFXをより楽しく

osiuretwer FXは、外国為替市場の為替相場を舞台にして、通貨の売買を行いながら利益を求めていきますが、この為替相場の変動を予測するのに欠かせないものに、チャート図があります。

各国の経済指標の発表や経済界の要人の発言など、さまざまな要素が絡み合いながら秒単位で変化していく為替レートの動きは、実に予測が難しいものです。
しかし、過去の為替レートの値動きを系統立てて図表化してくれるチャート図を使っていけば、こうした動きを分析して予測の精度を上げていくことが可能なのです。

こうしたチャート図などを用いて、相場を分析していくことを「テクニカル分析」と呼び、と呼び、一日から数時間、数分間といった超短期の投資スタイルを繰り返すことが多いFX取引においては非常に適していると言えるでしょう。

チャート図には用途や分析目的により様々な種類があるのですが、その中の代表的なものに「ローソク足チャート」というものがあります。
色抜きや塗りつぶされた縦長の四角で表され、上辺と底辺から線が伸びており、その形がローソクのように見える事からこう呼ばれています。
このチャート自体は歴史が古く、江戸時代の米相場のころから使われているともいわれています。
ローソクの本体は始値と終値、上下に出ている線はそのロウソクで表す始値から終値までの間に出た最高値と最安値を示し、ここから上下に伸びた線はヒゲと呼ばれ、この長さを見ることで、その時間内の値幅の推移が分かります。

また、ローソク足はそのチャートごとに分析をする期間が違っていて、一日期間の値動きを示したものを「日足」と呼び、一ヶ月の場合には「月足」、その他にも期間の設定によって「分足」「3時間足」など、用途に合わせて様々な呼ばれ方をします。

またチャート分析には、、為替レートの大きな流れや相場の動きをトレンドといいます。そのトレンドの流れをつかむことも勝率をあげるポイントです。トレンドには主に3つの種類があり、上昇トレンド・下降トレンド・横ばいのトレンドがあります。トレンドの流れをつかむために、上昇トレンドの場合はローソク足の安値どうしを結び、下落トレンドの場合はローソク足の高値どうしを結べば、トレンドラインができ、ある程度の予測が可能となりますので、ぜひ実践してみてください。

このようなチャート図を使い、為替レートの変動の分析を行い、その予測の精度をどんどんと上げていけば、FXでの勝率も上がり、利益を積み上げることができるでしょう。


Copyright © ThinkForex-FX.com