顧客重視の良心的なサービス展開

osiurelpThinkForexはオーストラリアのメルボルンに本社を置いている海外FX業者です。近年では日本でも高い関心を集めており、多くの日本人トレーダーも利用するようになりました。

その人気の理由は、ThinkForexの誇る高い約定力にあります。トレード環境の中枢を担うサーバー環境が非常に充実していて、トレーダーの注文が殺到しやすい相場変動時期でも約定拒否やスリッピングなどの現象がほとんど発生しません。しかも、ノーディーリングデスク方式のSTP/ECNシステムが採用されていて、トレードの透明性も申し分なしです。

スプレットも低く、最大500倍ものハイレバレッジを利用することもできます。小額取引にも対応しているので、資産運用性も抜群です。

また、ThinkForexは顧客重視の良心的なサービス展開にも定評があります。

日本人スタッフが在籍していて、日本語サポート体制も万全です。取引プラットフォームや公式ホームページのテキスト表示は全て日本語に対応していますし、何か困ったことがあればすぐにメールやチャットなどの手段で日本語を話せるスタッフに相談することができます。海外FX業者を利用する際に最大の障害となる言葉の壁も意識せずに済みます。

入出金システムも非常に使い勝手がよく、クレジットカードやネッテラー、銀行振り込みなど様々なメソッドに対応しています。口座への反映も非常に早いですし、何よりThinkForex側が送金の際の手数料を負担してくれるというのが大変魅力的です。1回あたりのコストがわずか数百円程度でも、何百回と手続きを繰り返しているとトレーダーにとって大きな負担となってしまいます。そのコストを軽減できるのは非常にありがたいことです。(他の入金方法の参考:FX | 無料副業ブログ | 初心者向けおすすめFX)

ThinkForexには、「スタンダード」、「プロ」、「アルゴ」、「cTrader」という4種類のアカウントタイプが存在します。どのアカウントも最大500倍のレバレッジを利用できるノーディーリングデスク方式が採用されていますが、スタンダードアカウントだけがECNではなくSTPタイプです。スタンダードアカウントは初回最低入金額が25,000円で、わずか0.01ロットからの小額取引を手数料無料で行えます。

プロアカウントの場合は初回最低入金額が20万円、アルゴアカウントの場合は250万円となっており、高額の軍資金を要求されます。しかも、取引手数料は有料です。一見不利なように思えますが、両アカウントには無料のプライベートサーバーサービスが提供されるという大きなメリットが付帯しています。これは、ThinkForexの最大の強みといっても過言ではなく、たとえコストがかかっても利用する価値は十分にあります。ThinkForexは、FXもバイナリーオプションも両方扱っている数少ない業者で、バイナリーオプション 初心者にもお勧めできる業者です。


Copyright © ThinkForex-FX.com