他のFX業者より圧倒的に強固なネットワーク

osiuredfsFX業者を選ぶ際に注目すべきポイントの一つとして、「トレードシステムの安定性」が挙げられます。せっかく絶好のトレードチャンスが訪れても、自分の注文が正常に市場に流れなければ何の意味もありません。特に、経済指標発表前後など注文が殺到しやすいタイミングになると相場が急変動し、質の低いサーバーを利用しているFX業者では約定拒否やリクオートなどトレーダーにとって不利になる現象が多々発生してしまいます。

その点、海外FX業者のThinkForexはシステムの安定性に定評があります。どんな局面でも高い約定力を誇っているため、わずかな金利差が大きくものをいう短期トレーダーにとって非常に利用しやすいメリットがあります。

最近多くのブログでも話題になっていますが、この安定性の秘密は、ThinkForexのサーバー環境にあります。ThinkForexは自社のサーバーを大手金融機関が軒を連ねるロンドン近郊に設置しており、プロバイダを介してダイレクトに光ファイバーでクライアントに情報を伝達しています。従って、他のFX業者より圧倒的に強固なネットワークが実現しているのです。

出典: 海外FX業者.com

しかも、ThinkForexでは利便性の高い取引プラットフォームが多数提供されています。

FX業界で世界ナンバーワンシェアを誇るメタトレーダー4には、ThinkForexオリジナルのワンクリック決済機能が実装されています。システムを立ち上げた時点で最初から組み込まれているので、初心者の方でも非常に扱いやすく、大変重宝します。

また、iOSやAndroid端末向けのトレードアプリも用意されています。スマートフォン用のWEBトレーダーを活用すれば、自宅以外の場所でも自由に市場に参加できるメリットを享受できます。

もちろんこれらのプラットフォームは全て日本語に完全対応していて、日本人トレーダーでも安心して利用できます。

ThinkForexでは、「スタンダード」、「プロ」、「アルゴ」、「cTrader」という4種類のアカウントタイプが用意されています。どのアカウントでも最大500倍ものハイレバレッジを利用できますが、各アカウントごとに特筆すべき魅力があり、トレーダーは自分のトレードスタイルに合わせて好きなものを選ぶことができます。レバレッジの高さで有名なのがXM.comです。どちらも信頼性の高い優良業者ですので、是非チェックしてみて下さい。

例えば、スタンダードアカウントとcTraderアカウントでは初回最低入金額が25,000円に設定されており、FXに回す資金に余裕のない個人トレードでも気軽に参入できる長所があります。プロアカウントでは200,000円、アルゴアカウントでは2,500,000円と高額な金額が初回最低入金額として設定されていますが、アルゴアカウントなら0.1ロット、プロアカウントなら0.01ロットからの小額取引が可能になります。


Copyright © ThinkForex-FX.com