ノーディーリングデスク(NDD)のSTP方式

osiurelThinkForexは全てのアカウントでノーディーリングデスク(NDD)のSTP方式とECN方式を採用しています。その結果、スプレッドは業界でもトップクラスの低スプレッドとなっています。

FXとは、取引ツールやチャート分析を知ることによって勝率を上げる事が可能な取引です。取引ツールはメタトレーダー4の他に、cTrader、各モバイルデバイス専用アプリ、ウェブトレーダー取引のプラットフォームが用意されています。中でもメタトレーダー4はオリジナルのワンクリック決済エクステンションが搭載され、他社のものより使い易いものになっています。

プロアカウントとアルゴアカウントのユーザーはプライベートホスティングサーバーが無料で利用出来るため、自動売買を利用する人には強い味方となり特にお勧めです。

NDD方式に加え、強力なシステム環境を整備していることで、約定力の高さにも定評があるのがThinkForexの特徴です。

・サポート体制

サポート体制も非常に充実していてこれはThinkForexの特徴の一つともいえます。このサポート体制は海外での受賞歴があるほどです。

日本向けのカスタマーサポートとして日本人スタッフもいるため、電話やメール、ライブチャットでのサポートを日本語で受けることが出来ます。

公式サイトや取引ツールも全て日本語に対応しているので、海外の業者とはいっても、言葉の心配をすることなく、安心して利用出来るのです。

・システムの安定性

以前はシステムの安定性に問題があるとも言われました。取引時間中にシステムダウンをしたこともあるようですが、現在はそのような話は聞こえてきません。

・出金が弱点

ThinkForexは出金に弱点を抱えています。

最近はFX海外ブローカーも、日本円での出金手続きが簡略化され、手数料も安い傾向にあります。

ところがThinkForexの場合、クレジットカードでの入金した場合には同額まではクレジットカードへの返金となるのですが、そこにも若干の手数料が掛かります。またそれ以外の出金の場合、銀行送金では予めメンバーエリアでの銀行口座登録が必要となり、その上で出金要請フォームを自分でプリントアウトしてサインし、スキャナーなどで画像ファイルにしたものを送信するという手順になります。更に銀行口座の設定時に、口座の詳細をスキャンし画像ファイル化したものの提出を求められますし、バンクスイフトコードという番号を調べて入力する必要があります。

これらは最初だけの作業ですが、そうは言っても結構な手間と感じられる作業です。


Copyright © ThinkForex-FX.com